村田町地方創生総合戦略の策定について

村田町地方創生総合戦略

「村田町地方創生総合戦略」は、「村田町人口ビジョン」で示した目標人口を達成するため、国、県の取組との整合を図りながら、基本目標ごとに施策(戦略)を展開し、実施する取組の効果を客観的に検証するための重要業績評価指標(KPI)を設定します。 
また、国の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の示す人口減少克服や地方創生を目的に特化しており、本町の総合的な振興・発展を目的とした「村田町長期総合計画」とは目的や含まれる政策の範囲は必ずしも同じではありませんが、両者の整合性を図りつつ、本町固有の地域資源の活用や人口減少の現況を踏まえ、特定の分野や特定の施策を重点的に優先し推進する等の手法を活用し、取り組みます。

村田町地方創生総合戦略(FDFファイル)
村田町地方創生総合戦略【概要】(FDFファイル)

村田町人口ビジョン

「村田町人口ビジョン」は、人口の現状や人口の推計を分析することで、町の人口動向の特性と課題を把握し、目標とすべき将来人口と、将来人口を達成するための将来ビジョンを提示するものです。 
また、「村田町地方創生総合戦略」における全体的な方向性、目標設定及び必要な施策・事業を検討するうえで、重要な基礎資料となるものです。

村田町人口ビジョン(FDFファイル)

地方創生とは

急速に進行する人口減少・少子高齢化問題に対応すべく、国は平成26年11月28日に「まち・ひと・しごと創生法」を制定するとともに、同年12月27日に問題解決の道筋を示した「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」及び「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。これを受け、各地方自治体においても平成27年度中に国の総合戦略の趣旨を勘案しつつ、地域の特性を踏まえながら地方版の「人口ビジョン」及び「総合戦略」を策定することとなりました。

まち・ひと・しごと創生本部

策定の経緯

村田町の人口については、今後も減少が続くものと予測されます。生産年齢人口(15~64歳)の減少は地域経済の縮小や労働力人口の減少、担い手不足による地域の活力や集落機能の低下をもたらすばかりではなく、社会基盤整備や社会保障費等による行財政の悪化など、様々な影響が懸念されます。 
平成26年7月には、これからの加速度的に人口減少が進む時代に対応すべく、我が町が持つ魅力を十分に発信できる独自の定住促進・少子化対策事業の展開に向け、定住促進・少子化対策プロジェクトチームを結成し、そのプラン策定に取り組んできました。 
国が策定した「長期ビジョン」や「総合戦略」を勘案し、「村田町定住促進・少子化対策プラン」と本町の人口の現状と将来の展望を踏まえ、人口減少の克服や地域の活性化に向け、地域の実情に応じて必要となる施策についての基本的な計画として「村田町人口ビジョン」及び「村田町地方創生総合戦略」を定めるものです。

策定体制

「村田町人口ビジョン」及び「村田町地方創生総合戦略」の策定に当たっては、産官学金労等からなる「村田町地方創生推進委員会」から御意見をいただきながら、町長をトップとし関係課長によって構成される「村田町地方創生推進本部」にて審議・決定を行ってまいりました。 
また、総合戦略(最終案)の作成までに、町内各地区の住民が参加した意見交換会を計21回、地方創生に関するアイデア募集、パブリックコメント等を経て方向性をまとめまいりました。

推進委員会の検証

「村田町地方創生総合戦略」に記載された実施事業について、設定したKPI(重要業績評価指数)が達成されたか、目標の達成はできたかについて、村田町地方創生推進委員より効果検証をいただくこととしています。いただいたご意見や検証結果については、下記のとおり報告します。

◆地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(先行型)事業

地域名産等のブランディング及び商品開発支援事業(PDFデータ)
若者定住結婚支援事業(PDFデータ)
介護業界人材育成事業(PDFデータ)
地域保育環境づくり事業(PDFデータ)
第3子以降保育料助成(PDFデータ)
すこやか出生祝金・祝品(PDFデータ)
建設業若年者人材育成事業(PDFデータ)
有害鳥獣対策事業(PDFデータ)

◆地方創生加速化交付金事業

まちづくり会社を核とした「しごと・交流」創出事業(PDFデータ)

◆地方創生推進交付金事業

[1年目]まちづくり会社を核とした「しごと・交流」創出事業(PDFデータ)
[2年目]まちづくり会社を核とした「しごと・交流」創出事業(PDFデータ)

◆地方創生拠点整備交付金事業

歴史と未来とひとをつなぐ「武家屋敷」定住交流拠点プロジェクト(PDFデータ)

村田町企画財政課
お問い合わせTEL:  0224-83-2112 メール

ページ上部へ