村田町教育基本方針

 町民一人一人が,それぞれの意思により自己啓発や生活の改善に努め,生涯にわたって学び,その成果を地域の創造につなげながら自己実現を目指す生涯学習の推進が求められています。
村田町教育委員会は,町民一人一人が生涯にわたる学習活動をとおして,より高く,豊かな志をもち,文化的で健康な生活を送ることができるように,以下の視点に立ち,生涯学習の基盤整備を進めます。

○ 生涯にわたる教育・学習の場としての社会教育の充実
○ 生涯にわたる学習活動の礎となる幼稚園教育及び学校教育の充実
○ 生涯学習推進体制の充実
○ 生涯学習施設の整備・充実

1  村田町教育基本方針

 地域社会の現状や教育を取り巻く環境を見据え,幼児,児童生徒に社会を生き抜く力を身に付けさせるとともに,自己実現を図りながら地域社会の発展を担う人づくりを目指し,本町教育の基本方針を掲げます。


地域社会の未来を望み,健康で豊かな情操と道徳性を備え,志高く,
創造力に富んだ心優しい人間の育成と,文化の薫る生きがいに満ちたふるさとづくりを目指し,

○ たくましさと確かな学びを培う学校
○ 優しさと命を大切にする地域社会
○ かおり高い芸術文化
○ 感動と活力のあるスポーツ

を重点に,町民の生涯にわたる学習の充実に努めます。

2  「村田町教育基本方針」実現のための3つの施策

(1) 学校教育推進の施策

①  学ぶ意欲の向上をとおして基礎的な学力の定着を図る学習指導の改善

 児童生徒一人一人に,社会を生き抜くための基礎的な学力を身に付けさせるためには,個々の学ぼうとする意欲の高揚が大切です。そのためには児童生徒の学習状況を把握し,指導体制や指導方法の工夫に積極的に取り組むとともに,家庭での過ごし方にも目を向ける必要があります。児童生徒それぞれが主体的に基礎的な学力を身に付けることができるように ,学校・家庭・地域が一体となって児童生徒の生活習慣及び学習習慣の確立に努めます。

◎ 児童生徒の意欲を引き出し,達成感が得られる授業の展開
◎ 学校と家庭の連携による読書活動の推進
○ 学びの習慣の確立を促す個別指導の推進
○ 家庭学習の取組への具体的な指導
○ 「むらた学び塾(放課後学習室)」の活用による自主的・計画的に学ぼうとする態度の育成

②  豊かな心を育む教育の充実

 様々な体験活動をとおして,児童生徒に人との交流の大切さを実感させ,思いやりの心や倫理観,規範意識等を育むことができるような指導を充実させます。また,児童生徒の心のケア,いじめや不登校の早期発見及び解消に向けて,家庭や関係諸機関と連携しながら,指導・相談体制の充実を図り,保護者の信頼を得る学校づくりに努めます。

◎ 豊かな人間関係の確立を図る積極的な生徒指導の推進
◎ いじめの未然防止,不登校解消に向けた早期発見・早期対応への校内指導体制の確立
◎ 学校と家庭及び関係諸機関との連携を図った居場所づくり
○ 身近な体験活動を取り入れ,命を大切にする心を育む教育の充実
○ 学校と家庭の連携による情報モラルの指導の充実

③  小・中学校を通じた「志教育」の推進

 児童生徒が将来の職業人,社会人としての自己をとらえ,主体的に学ぶ意欲と目標をもって努力していくことができるようにするために,様々な活動をとおして社会性や勤労観を養い,自らの生き方について探求していく「志教育」を推進します。

◎ 夢や希望をもち,諸活動に主体的に取り組もうとする態度の育成
◎ 集団の中で,自分の役割を果たすことの喜びを味わわせる指導の充実
○ 人とのかかわりをとおして互いのよさや個性を認め合う態度の育成
○ 指導資料や志シートを活用した学習活動及び体験活動の推進

④  心身の健康づくりと体力・運動能力の向上

 検査結果や日常の健康観察,健康相談を踏まえながら,児童生徒の心身の健康の保持増進を期し,教育活動全体を通じて保健指導の充実に努めます。また,体育・保健体育の時間における指導の充実はもとより,日常生活において体を動かす習慣を身に付けさせながら体力・運動能力の向上を目指します。      

◎ 学校と家庭の連携による基本的生活習慣の定着
◎ 体力・運動能力調査結果を踏まえた各校独自の体育活動の推進
○ 運動の楽しさを味わわせ,体力の向上と生涯にわたって運動に親しむための体育活動の充実
○ 感染症予防や喫煙・飲酒・薬物乱用防止の指導
○ 歯と口の健康づくりの推進

⑤  食に関する指導の充実

 学校の教育活動全体をとおして,健やかな心身と豊かな人間性を育むための基礎が培われるように,学校給食センターと連携を図りながら,食育の推進に努めます。

◎ 栄養教諭等との連携による横断的・総合的な食に関する指導の充実
◎ 給食の時間を中心に,食に関する指導の目標(※)を身に付けさせるための給食指導の充実
○ 食物アレルギーや肥満・痩身傾向,偏食などに対する個別的な指導の充実

※(食に関する指導の目標)
・食事の重要性(食事の重要性,食事の喜び,楽しさを理解する。)
・心身の健康(心身の成長や健康の保持増進の上で望ましい栄養や食事のとり方を理解し,自ら管理していく能力を身に付ける。)
・食品を選択する能力(正しい知識・情報に基づいて,食物の品質及び安全性等について自ら判断できる能力を身に付ける。)
・感謝の心(食物を大事にし,食物の生産等にかかわる人々への感謝する心をもつ。)
・社会性(食事マナーや食事を通じた人間関係形成能力を身に付ける。)
・食文化(各地域の産物,食文化や食にかかわる歴史等を理解し,尊重する心をもつ。)

⑥  一人一人の教育的ニーズに応じた特別支援教育の推進

 特別な支援を必要とする子どもたちのために,きめ細やかな指導や支援を行うとともに,障害のある子どもと障害のない子どもが学校で共に学ぶことができるような特別支援教育の充実に努めます。

◎ 障害のある子どもと障害のない子どもとの交流及び共同学習の推進
○ 「個別の教育支援計画」や「個別の指導計画」の作成及び活用による支援内容の質的向上
○ 特別支援教育担当者や特別支援コーディネーターの専門性の向上

⑦  学校安全教育及び防災教育の推進

 児童生徒の実態を踏まえ,教育活動全体を通じて,災害安全や交通安全,生活安全への指導を計画的に行いながら,一人一人が身の回りの危機を予測し,適切な行動をとることができるような能力と態度の育成に努めます。また,東日本大震災を教訓に,日々の生活の中で自他の生命の大切さを考えながら,校内はもとより地域においても防災に主体的に取り組む児童生徒の育成に努めます。

◎ 防災意識を高めるための児童生徒の自主的活動の推進
◎ 多様な場面を想定した継続的な訓練
◎ みやぎ防災教育副読本を活用した計画的な指導の実施
○ 安全担当主幹教諭や防災主任,安全主任を中心とした学校安全計画及び防災計画の整備
○ 教職員の「緊急時における対応マニュアル」への更なる理解と危機管理意識の高揚
○ 安全教育をとおして「身に付けさせたい5つの力と心」を養うための取組の工夫

※ 「身に付けさせたい5つの力と心」
・自らの身を守り乗り切る力(自助)
・知識を備え行動する力(自助)
・地域の安全に貢献する心(共助・公助)
・安全な社会に立て直す力(共助・公助)
・安全安心な社会づくりに貢献する心(公助)

⑧  伝統・文化の尊重と国際理解を育む教育の推進

 我が国や郷土の歴史・文化に対する理解を深めるとともに,異なる文化や生活習慣等を理解し,国際理解について自分なりにできることを実践しようとする態度の育成に努めます。併せて,村田町らしさを学ぶ機会の充実と郷土の発展に取り組もうとする態度の育成に努めます。

◎ 教育活動全体をとおして村田町の歴史や文化を学ぶ機会の確保と異なる文化を主体的に受け入れようとする態度の育成
○ 地域の自然を愛し,その保全に努め,住みよい地域社会を築こうとする態度の育成
○ 村田町歴史みらい館の活用やボランティアの方の支援による地域の歴史や文化,伝統への理解
○ 外国語指導助手との連携による外国語活動や外国語教育の推進
○ 自分の住んでいる地域から世界とのつながりに気付かせる取組の工夫

⑨  教職員の資質・力量向上のための研修の充実

 教職員としての使命と責任を自覚し,高い倫理観や豊かな人間性,社会性を身に付けるとともに,組織の一員として各学校の教育課題の解決を目指す研修を推進します。

◎ 指導法の工夫改善及び学校の課題解決のための自己研修及び校内研修の充実
○ 職員評価を活用した個々の資質・力量の向上と教育活動の活性化
○ 村田町教職員研修及び教頭・中堅教員研修の充実
○ 初任者研修の充実

⑩  創意と活力に満ちた学校づくりの推進

 学習指導要領の趣旨を踏まえた,調和と統一のとれた教育課程の編成と確実な実施に努めるとともに,家庭や地域との連携のもと,教職員の英知を結集し,魅力ある学校づくりを目指します。

◎ 地域の教育力を生かした教育活動の展開
◎ 家庭や地域の協力を得ながら,「わが校らしさ」を求める取組の推進
◎ 「むらたっ子応援団事業」を活用した主体的な学びの充実
○ 保護者や地域への教育方針等の積極的な説明と教育活動の公開
○ 学校評価システムを活用した学校づくりの推進

(2) 幼稚園教育推進の施策

①  幼児の興味・関心を引き出す指導の充実

 幼児期が,自制心や耐性,他者とのかかわり,規範意識,基本的生活習慣などの心情や意欲,態度の育成という生涯にわたる人間形成の基礎が培われる極めて重要な時期であることを認識し,多様な活動をとおして豊かな感性を養うとともに,学習の芽生えとなる好奇心や探究心を培うことに努めます。そのためにも,職員一人一人が幼児を理解し,総合的な指導をするために必要な「不易」としての資質と,幼稚園を取り巻く環境の変化に伴い求められる「流行」としての資質の向上に努めます。

◎ 指導力向上を目指した2園の同学年担当教師による研修及び全体研修の充実
◎ 直接的・具体的な体験ができる環境構成の工夫
◎ 自ら環境にかかわり,伸び伸びと体を動かして遊ぶ幼児の育成
○ 担任と支援員の役割分担を明確にした指導の充実
○ 身近な自然への気付きを豊かにさせたり,体を動かすことの楽しみを感じ取らせたりする外遊びの推進
○ 幼稚園と保育所の同学年担任職員による研修の充実

②  個々の幼児理解と特別な配慮を要する幼児への適切な支援の推進

 価値観や生活様式の多様化,少子化,核家族化の進行,子ども同士が互いに影響し合って活動する機会の減少,情報化の進展などによる子どもの体験の偏りから派生する個々の育ちの違いを踏まえて指導に当たるとともに,全職員で特別な配慮を要する幼児への理解とその支援に努めます。

◎ 多面的な実態把握と幼児のよさを引き出す支援の工夫
◎ 園内研修をとおした共通理解と園内体制の整備
○ 支援員との連携による個別指導の推進
○ 専門諸機関との連携による,個々の幼児の障害の種類や程度に応じた支援の充実

③  3年間を見据えた教育課程の編成

 幼稚園教育が生きる力の基礎や生涯にわたる人間形成の基礎を培う上で重要な役割を担っていることを踏まえ,発達や学びなどの幼児の育ちの連続性に着目した継続的な指導の展開を目指します。

◎ 幼児一人一人の特性や発達を踏まえ,主体的に行動できる幼児の育成を目指し,遊びをとおして学ぶことができるような保育の工夫と指導計画の改善
◎ 人とのかかわりを豊かにできる遊びが展開できるような保育活動の意図的な指導計画の作成
○ 身近な自然に触れ,命の大切さや感動を味わうことのできる環境設定の工夫
○ 幼児の興味・関心や育ちの状況を踏まえ,仲間関係やクラスへの帰属意識を育む集団活動の推進
○ 「むらたっ子応援団事業」との連携による地域の教育力を生かした体験活動の推進
○ 自然災害から園児の安全を守るため,みやぎ防災教育副読本を活用し,命を守ることの大切さを学ぶ保育活動の実践

④  幼・保・小連携の推進と円滑な接続

 小学校入学後の生活や学習の基盤の育成につながることに配慮し,幼児期にふさわしい教育を展開していくことで,小学校の教育との接続を確かなものとするために,幼児と児童の交流する機会を設けたり,小学校教師との意見交換や合同研修の場を設けたりするなどの連携を図ります。また,保育所と幼稚園とが合同保育や職員研修をするなどの交流を図り,入学前の仲間づくりを意識した取組に努めます。

◎ 小学校教育への円滑な接続を目指した幼稚園,保育所及び小学校の連携による交流活動の充実と改善
◎ 幼児一人一人の小学校生活への円滑な移行を目指した教師間の情報交換の拡充
○ 幼児期から小学校への円滑な接続を図る幼稚園,保育所及び小学校の連携に関する研究の推進

⑤  子育て支援のための環境整備

 核家族化の進行や地域における地縁的なつながりの希薄化,女性の社会進出などに伴う子育て環境の変化を踏まえ,親としての大きな喜びや生きがいである子育てへの支援を進めます。

◎ 幼児の家庭生活や園生活の様子を幼稚園と家庭が互いに共有し,幼児のよりよい育ちの実現のためにそれぞれの教育機能を発揮し合う態勢の構築
◎ 子育てに対する親の不安やストレス解消を目指す相談活動の充実
○ 基本的な生活習慣の一層の確立を目指す家庭との連携推進
○ 幼児の実態や保護者の要望などを踏まえた家庭教育学級の展開
○ 子育てに関する情報や学習機会の提供

(3)社会教育推進の施策

① 学校・家庭・地域が連携した教育活動の推進

 学校・家庭・地域の協働のもと,すべての子どもたちが夢と志をもち,安心して学べる環境づくりに努め,魅力あふれる子どもたちを育成します。活動をとおして生まれる「人とのつながり」を重視し,交流の機会がより一層増え,活力ある元気な「人づくり・地域づくり」の推進に努めます。

◎ むらたっ子応援団事業をとおした学校・家庭・地域の連携による様々な地域財産(人,歴史,文化,もの)を生かした子どもたちの豊かな学びの創出
○ 子どもたちの学び活動をとおして,町民に魅力ある生涯学習機会の提供と学んだ知識を生かす自己実現の場の創出
○ 子どもたちが多様な人々とふれあう中で,地域への愛着心や地域を誇りに感じる心の育成と将来を担う人材の育成

② 家庭教育の充実

 子育ての中心となる家庭教育の向上を目指し,保護者向けの学習の場を提供していきます。また,子どもとのふれあいや保護者同士の情報交換,地域の方々の協力をとおしたよりよい子育て環境づくりに努めます。

◎ 家庭の教育力向上を目指した家庭教育学級の充実
○ 子育て・家庭教育についての学習の場の提供
○ 子育て支援関係機関や幼稚園,保育所,小・中学校との連携強化

③ 生涯学習機会の充実

 幼児から高齢者まで切れ目なく自らが学ぶことへの意欲を高める学習機会を提供します。また,学びの成果がやりがいや生きがいづくりにつながるよう社会教育活動の推進を図ります。

◎ 子どもたちが郷土行事や野外活動などの体験活動を通じて豊かな心と郷土愛を育む少年教育事業の展開
◎ 地域ボランティア活動の充実による青少年リーダーの育成及び青少年の社会参加の促進
○ 町民が広く図書に親しむ機会の提供と読書活動の推進
○ 地域に密着した企画展等による学習機会の提供
○ 地域社会づくりにつながる学習と仲間づくりを目指した青年教育事業の展開
○ 生きがいづくり・仲間づくりにつながる成人・高齢者教育の実施と生涯学習指導者の養成
○ 社会教育団体と連携を図り,学習した内容を地域社会で生かすことができる場の工夫

④ 公民館活動,地域コミュニティ活動の推進

 地域の自主性を促しながら地域コミュニティの活性化のための支援や,町民のニーズに合った公民館活動の充実を図ります。また,町民相互の交流を図る場として機能するよう努めます。

◎ 公民館を拠点とした,町民のニーズに合った学習活動の展開
○ 地域の特色を活かした活動の推進と自主的活動への積極的支援
○ 地域コミュニティ活動の支援や課題に対する助言・指導

⑤ 社会教育施設の整備

 集いの場,学びの場として誰もが利用しやすく,町民のニーズにあった施設となるように整備充実を図り,利用の拡大に努めます。

◎ 町民が知りたい学習情報の発信
○ 図書館情報ネットワークの充実
○ 施設間の情報交換と事業の連携の強化
○ 施設の老朽化に対する修繕

⑥ 生涯スポーツの推進

 スポーツをとおして心身ともに健康で豊かな生活が送れるように,町民のニーズを把握し,参加しやすいスポーツ事業の提供とスポーツ環境の整備に努めます。

◎ 子どもから高齢者まで,スポーツに親しめる事業の展開と環境の整備
◎ 健康で心豊かな人づくりを目指すスポーツ・レクリエーションの普及と推進
○ 総合型地域スポーツクラブの育成支援と連携の強化
○ スポーツ団体の育成・支援と連携の強化
○ スポーツ指導者の育成と積極的な活用
○ 競技スポーツ選手・指導者への支援

⑦ 社会体育施設の整備

 町民のスポーツに対するニーズに対応し,様々なスポーツ活動の場を確保するため,既存施設の有効活用を基本に施設の整備・充実に努めます。

○ 誰もが気軽に活用できるスポーツ環境の整備
○ 町民が知りたいスポーツ情報の発信
○ 施設の老朽化に対する修繕
○ 学校体育施設等の有効活用

⑧ 芸術文化活動の振興

 優れた芸術・文化に親しむ機会を児童生徒に提供し,豊かな情操を養うとともに,芸術鑑賞能力の向上につなげます。さらに,町民の文化的活動が活発となるよう努めます。

◎ 児童生徒への優れた芸術・文化に親しむ機会の提供
○ 文化団体の支援・育成と団体間交流の促進
○ 文化活動の成果を発表する機会の提供
○ 文化活動の情報の発信

⑨ 文化財の保護と保存等の推進

 先人の残した貴重な文化的資源の保護・保存に努め,歴史に触れながら学べる機会を創出することで,町民の文化の向上を図ります。

◎ 重要伝統的建造物群保存地区の保存計画に基づいての修理・修景への取組及び蔵の町並みを活かした村田らしいまちづくりとの連携
◎ 文化財の調査及び関係資料の作成
○ 伝統工法による修理工事の体験学習
○ 文化財の保護と活用の推進
○ 地域に残る文化や年中行事等の継承と情報提供のための場づくりの推進

村田町教育委員会教育総務課
お問い合わせTEL:  0224-83-2037 メール

ページ上部へ