郷土の偉人

三宅義信 みやけ よしのぶ (オリンピック金メダリスト・村田町名誉町民・村田町夢大使)

三宅義行 みやけ よしゆき  (オリンピック銅メダリスト) 

村田町出身の三宅義信氏は、オリンピック重量挙げ競技日本代表としてローマ・東京・メキシコ・ミュンヘンと4大会連続出場の偉業を成し遂げ、ローマで銀、東京・メキシコでは金メダル獲得と、堂々たる活躍をされました。特に、東京では新記録達成と共に日本選手で第1号の金メダルを獲得し、国民に夢と感動を与え、さらにメキシコでは弟義行氏と共に金と銅の栄誉に輝きました。

町では、義信氏の功績を称え平成元年に村田町名誉町民に推戴し、平成13年には歴史みらい館前に顕彰胸像を建立しました。同氏は平成9年には村田町の魅力・情報等を広く内外にPRしたり、物産品等の良さを普及・宣伝する村田町夢大使として広く活躍されています。

また村田町歴史みらい館では、両氏のゆかりの品々を展示した常設コーナーがあり、活躍ぶりを垣間見ることができます。

丹羽道博 にわ どうはく  (村田町名誉町民)

村田町出身・在住の丹羽道博氏は、高齢化社会を踏まえ社会福祉活動を精力的に展開し、民生児童委員・保護司などを歴任し、本町の福祉の増進に尽力されました。

また、教育行政では宮城県教育委員会委員長代行並びに村田町教育委員会委員として、青少年の健全育成にも尽力されました。

これら氏の多大な功績を称え、町は平成7年に村田町名誉町民に推戴しました。

村田町 総務課
お問い合わせTEL: 0224-83-2111 メール

ページ上部へ